壁や天井に吹付施工するだけで臭いの元となる有害物質を分解「デオファクター カーサ」

  • デオファクター カーサとは
  • デオファクター カーサの効果
  • デオファクター カーサの使用例・施工
  • デオファクター カーサの受賞歴・TOPICS

デオファクター カーサの効果

1
安心・安全・快適空間
デオファクターカーサは天然ミネラルを主成分とした安全性の高い無機系液剤です。お年寄りやお子さんがいるご家庭、学校、介護施設など、公共の施設でも採用されており、安心してご使用いただけます。
安心・安全・快適空間

2
消臭・防臭効果 ニオイをもとから分解し消臭・防臭!
人々の暮らしの中にはタバコ、トイレ、ペットなど様々なニオイがあふれています。それら空気中に漂うニオイを分解、さらにはニオイの元となっている原因菌をも不活化し消臭・防臭します。

有害物質の減少効果試験

【試験期間】一般財団法人ニッセンケン品質評価センター 京都検査所 【試験項目】消臭性試験【試験基準】(一社)繊維評価技術協議会 消臭加工繊維製品 認証基準(機器分析法)


3
制菌・抗かび効果
細菌やウイルスの増殖を抑制し、減少させます。
デオファクターカーサで菌の増殖を抑制する環境を作ることで、空気中や壁面に存在する目に見えない菌やウイルスの増殖を抑え、窓がない部屋や換気の悪い環境、かびなどが増殖しやすい環境でも24時間清潔に保ちます。
菌・抗かび効果

4 防汚効果
防汚効果
ホコリや花粉がつきにくくなってお掃除カンタン!
デオファクターカーサを施工すると静電防止効果もあり、家具やテレビなどの家電製品にホコリや花粉がつきにくくなります。付着した汚れも落ちやすく、お掃除も楽になり手間も省けます。

5
有害物質の分解
シックハウスの原因である有害な化学物質も、強力な酸化還元反応で分解いたします。デオファクターカーサは安全、安心な生活空間をご提案します。
有害物質の分解

6
抗ウイルス効果
デオファクターカーサはウイルスも不活化することが第三者機関において確認されています。 デオファクターカーサのウイルス感染測定結果

(JIS抗ウイルス効果) 3.0>M≧2.0:効果あり Mv≧3.0:十分な効果あり

試験結果が証明する、確かな実力

ウイルス、細菌、かび、ニオイなど、様々な試験結果から驚異的な実力を証明。
人が暮らし活動するあらゆる場所で効果を発揮します。

新型コロナウイルス 99.9%以上減少
DEOFACTORは、
新型コロナウイルス
(COVID-19)を不活化させる効果が
あることが明らかになりました。

抗ウイルス生地加工技術「DEOFACTOR Antivirus」は、新型コロナウイルスに接触させると検出限界以下の99.925%以上(測定30分)ウイルスが減少することが明らかとなりました。
この技術を建物へ展開したものが「DEOFACTOR CASA」です。
◎受託研究先*公立大学法人奈良県立医科大学 医学部 ◎試験方法*ISO18184準拠

試験ウイルスの減少率
(%) ※自社調べ
※いずれもウイルス試験
(プラーク測定法)
2時間後減少率効果
99.9%以上減少
A型インフルエンザウイルス
99.9%以上減少
ノロウイルス(ネコカリシ)
99.9%以上減少
ヒトコロナウイルス
試験ウイルス名 ウイルスA (エンベローブ有り) ウイルスB (エンベローブ無し) ウイルスC (エンベローブ有り)
減少率(%) (自社調べ) >99.9 >99.9 >99.9
抗ウイルス活性値 4.4 3.2 >3.0
試験時間 2時間 2時間 2時間
試験機関 ニッセンケン品質評価センター ニッセンケン品質評価センター バイオメディカルサイエンス研究会
試験方法 JIS L 1922:2016 JIS L 1922:2016 ISO 18184 準拠
試験菌の減少率
(%) ※自社調べ
99.9%以上減少
モラクセラ菌
(生乾き臭の原因菌)
99.9%以上減少
大腸菌
99.9%以上減少
緑膿菌
(床ずれの原因菌)
試験細菌名 細菌A (生乾き臭の原因菌) 細菌B (エンベローブ無し) 細菌C (エンベローブ有り)
減少率(%) (自社調べ) >99.9 >99.9 >99.9
抗菌活性値 >3.0 >3.0 >3.0
試験時間 18時間 18時間 18時間
試験機関 京都微生物 研究所 京都微生物 研究所 京都微生物 研究所
試験方法 JIS L 1902:2002 菌液吸収法 JIS L 1902:2002 菌液吸収法 JIS L 1902:2002 菌液吸収法
試験かびの減少率
(%) ※自社調べ
96.45%以上減少
黒麴カビ
84.86%以上減少
青カビ
試験かび名 真菌A 真菌B
減少率(%) (自社調べ) 96.45 84.86
抗菌活性値 3.9 3.2
試験時間 42時間 42時間
試験機関 ニッセンケン品質評価センター ニッセンケン品質評価センター
試験方法 JIS L 1921:2015 吸収法 JIS L 1921:2015 吸収法
消臭成分減少率
(%) ※自社調べ
99.9%以上減少
アンモニア
82%以上減少
酢酸
85.4%以上減少
ホルムアルデヒド
試験試料名 アンモニア 酢酸 ホルムアルデヒド
減少率(%) (自社調べ) >99.9 82 85.4
初発濃度 100ppm 30ppm 10ppm
試験時間 2時間 2時間 2時間
試験機関 ニッセンケン品質評価センター ニッセンケン品質評価センター ニッセンケン品質評価センター
試験方法 検知管法 検知管法 検知管法

可視化による安心とアフターフォロー

デオファクター カーサは無色無臭透明のため、施工中・後ともに目視では確認できないものになります。ニオイであれば人間の鼻(官能)によりある程度の判断も可能ですが、目では見えないものへの「不安」を「安心」に変えていくのがデオファクター カーサの施工システムです。
不安要素を数値として可視化することで施工後のアフターフォローをより具体的に進めていきます。その可視化の検証方法として、キッコーマンバイオケミファ社製のルミテスターSmartを使用します。
(ルミテスターは厚生労働省のHACCP運用マニュアルに ATP 検査として記載されています。)

施工室内の清浄度変化目では見えないものへの「不安」を「安心」に変えていくのがデオファクターカーサの施工システムです。
高橋練染株式会社 デオファクターカーサ日本総代理店 株式会社ファイン
正規認定店のみなさま 正規認定店 新規入会申込はこちら