壁や天井に吹付施工するだけで臭いの元となる有害物質を分解「デオファクター カーサ」

  • デオファクター カーサとは
  • デオファクター カーサの効果
  • デオファクター カーサの使用例・施工
  • デオファクター カーサの受賞歴・TOPICS

デオファクター カーサの使用例

デオファクター カーサの液剤は無色無臭透明なため、壁面や天井など空間特性に応じて施工が可能です。
ウイルス感染・消臭・かび対策など、目的に適した吹付施工の箇所を検討できます。

デオファクター カーサの使用例

安心のプロによる施工

講習を受けた『施工技師免許』保持者がスプレーガンを使用し液剤を吹付施工します。

施工風景

DEOFACTOR CASA 【二条城様】

DEOFACTOR CASA 【京都府庁様】

DEOFACTOR CASA 【神奈川大学様】

DEOFACTOR CASA 【和合病院様】

DEOFACTOR CASA 【フワラーパーク様】

DEOFACTOR CASA 【コープこうべ様】

DEOFACTOR CASA 【京都(会社役員T氏邸)】

DEOFACTOR CASA【サンリオハーモニーランド様】

DEOFACTOR CASA【大分県立九重青少年の家様】

DEOFACTOR CASA【大分県立香々地青少年の家様】

DEOFACTOR CASA【大分県立図書館様】

施工の流れ

1. お問い合わせ 2. 現場調査・お見積もり 3. ご契約4. デオファクター施工 5. アフターフォロー

「施工技士免許」保持者が、
責任を持って施工します。

日本総代理店 株式会社ファインの指導により、専門の講習と技術訓練を受けた施工技士免許保持者が、施工にあたります。

【施工の流れ】
① 施工面の施工前数値測定
② 施工空間の養生作業
③ 施工面の浄化
④ スプレーガンを用いて
  DEOFACTOR CASAを吹付施工
⑤ 乾燥
⑥ 施工後の数値測定
⑦ 施主さまのへの報告と施工現場のご確認

安心を目に見える形でご報告。
施工前後で検査を実施し、
施工証明書を発行します。

DEOFACTOR CASA は、無色無臭であるため、具体的に効果をご理解いただけるよう、
必要に応じた3つの検査システムを使い、施工前と施工後に数値として施主様にご報告いたします。

【Case1】
ルミテスター
[拭き取り清浄度検査]

目には見えない清浄度(汚れ)を瞬時に測定。この数値(汚れ)が高いと菌の繁殖しやすい環境になり、数値が低い事で菌の少なさの目安になります。
※菌数を検査することはできません。

【Case2】
バクテスター
[拭き取り細菌検査]

通常48時間かかる培養法と違い、菌を培養することなく一般細菌(生菌・死菌)を約5分で測定することができ、正確な菌数を検査することができます。
株式会社HACCPジャパン認定バクテスター検査指導員が検査いたします。

【Case3】
エアーサンプラー
+ バクテスター
[気体中細菌検査]

拭き取り検査をする事が出来ない空気中(空間)の一般細菌(生菌・ 死菌)をエアーサンプラーで集塵し、バクテスターで迅速に測定。 空気感染の心配な場所や普段の生活空間を手軽に検査できます。
株式会社HACCPジャパン認定バクテスター検査指導員が検査いたします

バクテスターの必要性
【ATP測定法と一般細菌】

一般的に“簡便”“迅速”と言われている測定方法にATP測定法があります。拭き取り検査に用いられるATP測定は、ATP(アデノシン三リン酸)を汚染の指標とする衛生管理の方法です。ATPはすべての動植物が持っているエネルギー分子で、そこには菌も含まれますが菌数はわかりません。つまり、ATP測定は食品の微生物検査に使うことができません。
また、炭酸ガスや電気抵抗などから間接的に微生物量を測る間接測定法もありますが、バクテスターは菌数を直接測定します。

施工済証明書・施工済認定ステッカー

飲食店、介護施設、保育所など抗菌・抗ウイルスの対処として
デオファクターカーサ(ミネラル酸素触媒)を施工した箇所に貼っていただけます。
お客様、ご利用者様が安心して施設や店舗を利用いただけるように、一目でわかるようなデザインにいたしました。

施工済認定書、施工済認定ステッカー、ポストカードタイプ、ミニステッカー
高橋練染株式会社 デオファクターカーサ日本総代理店 株式会社ファイン
正規認定店のみなさま 正規認定店 新規入会申込はこちら