HOME >プロダクツ >ファインアート >四神

ファインアート(西陣織)

四神とは

平安京と四神相応:『京都四神物語』

794年桓武天皇により、長岡京から平安京へと都が移されました。

諸説、言われておりますが、安定した世の中、「平らかで安らかな都」、つくりを目指して計画されました。
そこで後に1100年も続いた都の「平安京」の地の選定には、中国の風水が元になり 『四神相応』で占われたと言われております。

『四神相応』は、四つの方角を司る「四神」の存在にふさわしい地形が存在する土地ということです。

東を守護する『青龍』:青龍は、水が流れる場所ということで、鴨川が最もふさわしいとされる土地になっています。
西を守護する『白虎』 :白虎が、かけぬける大通りがある、山陰道がふさわしいとされ、もろもろの悪い気を追い出す通路だといわれています。
南を守護する『朱雀』 :朱雀が、羽を休める池などの水辺を好み、巨椋池がふさわしいとされました。
北を守護する『玄武』 :玄武が、山や岩に住み着くとされ、船岡山がそれにあたる土地であり、澄んだ空気と豊かな水を供給する清浄な山(丘陵)とされました。

 『京都四神物語』は、
 東の 「青龍」に、京都の東側 : 鴨川と五山の送り火大文字山(如意(にょい)ヶ岳)。
 西の 「白虎」に、京都の西側 : 嵐山渡月橋法輪寺
 南の 「朱雀」に、京都の南側 : 宇治川宇治橋 、と平等院
 北の 「玄武」に、京都の北側 : 五山の送り火 船山北山杉 。 

 

作品例

 

▲ページトップへ

お問い合わせ